【2019年9月最新版】おすすめの葉酸サプリをランキングで紹介!妊活・妊娠中ママの口コミで人気なサプリは?

記事監修:葉酸サプリ徹底比較研究会

葉酸サプリの研究、開発に携わっていたメンバーが直接試し、執筆している研究会です。正しい葉酸サプリの選び方、葉酸サプリを探している方に知識提供をしています。また、葉酸サプリ開発者向けに知見を提供することもしています。

妊娠を希望している、あるいは、妊娠した方は気苦労も多く一苦労・・。

特に、妊活希望や、妊娠してからお腹の赤ちゃんのためにもいい葉酸サプリを選びたい、でも色々ありすぎてわからない・・・そんな悩みありませんか?

葉酸サプリ徹底比較研究会が、おすすめの葉酸サプリをまとめてみました。

葉酸サプリを実際に研究開発したことがないとわからない内容がふんだんに盛り込まれているので、信頼性の高い情報が入っています。

葉酸サプリは本当に効果のあるものを使いたいと思いますし、試してみてもなかなか苦労することが多いものなので、ここでは信頼できる情報を提供させていただきます。

葉酸はビタミンBの一種

葉酸(ようさん)はビタミンB群の一種でレバーやほうれん草などに多く含まれる栄養素です。

葉酸は体内でタンパク質の合成に関わる栄養素です。

近年、その重要性が注目を集めていて、アメリカでは1998年に、穀類加工食品に葉酸を一定以上添加することが定められています。

一般的な食事から摂る葉酸は、水溶性のビタミンなので体内では蓄積されづらく、尿などで排出されやすかったりするため、サプリメントでの摂取が推奨されています。

葉酸が不足すると妊娠に悪影響

葉酸はどんな人にとっても重要な栄養素で、不足すると貧血などの症状を引き起こします。

妊娠した女性の葉酸が不足すると、体内の赤ちゃんが神経管閉鎖障害を引き起こすリスクが高まることが分かっています。

神経管閉鎖障害とは、生まれた赤ちゃんが先天的に奇形となるなどの障害のことで、障害が起こると死産してしまう危険性も高まります。

そのため実は、厚生労働省も赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすために、妊婦さんに食品での葉酸摂取に加えて栄養補助食品(サプリメント)での葉酸400μg摂取を推奨しています。

葉酸が必要なのはいつ?

葉酸は妊娠を望んでから、妊娠後まで飲み続けることが推奨されています。

厚生労働省も妊娠1ヶ月前から、妊娠後3ヶ月までは少なくとも葉酸をサプリメントで摂取することを推奨しています。妊娠発覚後に飲まれる方も多いですが、妊娠前に飲むことが重要なポイントです。

これは、赤ちゃんの先天性異常のひとつである「神経管閉鎖障害」は、脳や脊髄などの中枢神経系のもととなる神経管が作られる妊娠の4~5週ごろに発生するからです。

つまり、妊娠1ヶ月頃に、実は妊娠していたことに気づいてから飲むと、その頃は体内の葉酸濃度が低かった、なんてことが起きてしまうことも。

また、妊娠中の女性はつわりもあり、この時期の栄養バランスが大きく偏ることが多いとか。元気な赤ちゃんを産むためにも葉酸だけでなく、ビタミン、鉄分、ミネラルなどバランス良く摂取しましょうね

葉酸サプリ選びのチェックポイント!

ポイント①葉酸は「モノグルタミン酸型(合成葉酸)」がおすすめ

葉酸には食事から採れる「天然葉酸」とサプリメントなどから補う「合成葉酸」の2種類があります。実は天然葉酸は熱や光に弱いという特徴があり、50%程度しか吸収されずに尿などで排出されてしまいます。

一方で、合成葉酸(別名:モノグルタミン酸型葉酸)は体内での吸収率が85%と非常に高く、効率よく栄養を摂取できます。実際に、厚生労働省もこの合成葉酸(モノグルタミン酸型)を推奨しています。

ポイント②葉酸の含有量をチェック

葉酸は取れば取るほどいい、というわけではありません。厚生労働省は、葉酸の上限摂取量は1000μgと定めています。

それに加えて、厚生労働省は葉酸の摂取量をステージ毎で分けて定めているようです。

以下の推奨摂取量を確認してみてください。

・妊娠初期(妊娠1ヶ月前〜妊娠3か月):400μg
・妊娠中期(妊娠4か月目〜産後):240μg
・授乳期:110μg

モノグルタミン酸は吸収効率もよく、摂取量を調整しやすいのでおすすめです。

ポイント②葉酸以外の栄養素がバランス良く配合されているか

厚生労働省は妊婦向けに1日に摂取すべき栄養素を細かく定めています。

例えば、妊娠初期であれば葉酸400㎍以外にも、鉄分4mg、ビタミンE 0.4㎍、ビタミンC 38mg、ビタミンD 0.7㎍、ビタミンB6 0.4mg、などが普段の食事に加えてサプリメントで追加摂取が推奨されている量です。

そのため、必要な栄養素をバランス良く配合されたマルチタイプの葉酸サプリを選ぶことが重要です。

特に妊娠期に不足しがちな鉄は多めにとるようにしましょう。

特に、ヘム鉄が含まれているかどうかは必ずチェックしましょう。鉄分には2種類あって、通常の鉄だと飲んだ後にムカムカしたりします。また、ヘム鉄の方が吸収率が高いようです。

鉄分は赤血球を作り、体内へ酸素を運ぶだけでなく、子宮の粘膜をつくる材料にもなっているそうです。女性は毎月の月経により鉄が失われやすくなるため、妊活中や妊娠中に鉄を摂取すること非常に重要です。

ヘム鉄などの大切な栄養素を含んでいるサプリメントを選びましょう。

ポイント③口に入れても安全か、つわりの時期でも飲みやすいか

無添加かどうか

妊婦さんにとっては特に、口に入れるものは人一倍気になりますよね。

全ての添加物が悪いわけではありませんが、極力不要な添加物は避けるに越したことはありません。各社販売サイトで、サプリメントが無添加かどうかは確認してから買うようにしましょう。

この記事で紹介しているサプリメントは全て無添加のものなので、ここから選んでいただけると安心です!

飲み込みやすい形状・サイズか

飲み込みやすい形状・サイズかは、妊活にとっては意外にも気にするべきポイントです。

特につわりの時期にはちょっとした匂いもダメ、、なんてことがあると思います。そのため飲み込みやすいサイズ・形状は長く続ける上で重要な要素です。

辛いつわり時期の妊婦さんでも、スルッと飲めてしまうような形や大きさのものを選ぶようにしましょうね。

国内のGMP認定工場で製造しているか

GMP認定工場というのは原材料調達から出荷までの工程の中で厳しく定められた基準をクリアしている工場のみが受けられる認定です。

特にサプリメントなどは中国など海外の工場で作って輸入するものも多く、特に妊婦さんにとってはどこで製造されているかは気になることでしょう。

ご自身の安心・安全を考えて国内のGMP認定工場で製造されているかどうかは事前に確認しましょう。

私も葉酸サプリの開発をしていたのでわかりますが、GMP認定工場でないところももちろんあります。

なので一概にGMP認定だけで判断するわけではないですが、GMP認定工場で生産されたものをちゃんと気にして選んだ方が良いです。

GMP認定工場は安心

2019年最新版:葉酸サプリおすすめ5選!口コミで大絶賛の葉酸サプリは?‎

妊活や妊娠中の女性に自分にあった葉酸サプリを選んでもらえるよう、 葉酸サプリ徹底比較研究会がおすすめの葉酸サプリを厳選してご紹介します。

先輩ママからの口コミや安全性の観点から、妊活中・妊娠初期から飲むのにおすすめな葉酸サプリをご確認ください。

おすすめの葉酸サプリ 1位:mitas –ミタス 葉酸サプリ

No.1におすすめする葉酸サプリは「温活もできる葉酸サプリmitas」です。

mitas – ミタスの特徴:

妊活中〜妊娠初期に必要な栄養素を100%含んでおり、厚生労働省推奨の400㎍の葉酸摂取はもちろんのこと、吸収率の高いヘム鉄、ビタミンB群完全制覇、ビタミンC、ビタミンE、その他ミネラルなど全部で20種類以上豊富に含まれているようです。

また、これらに加えて、高麗人参、生姜、なつめ、さんざし、などからだの内側から温活効果を実感できる和漢成分も凝縮されていて、寒さに負けない身体作りを内側からサポートしてくれること。

冷えは不妊の原因や、妊娠率の低下に影響することもあるようで、必要な栄養素の補給だけでなく、温活もできる葉酸サプリは史上初とのこと。

mitasは発売してからすぐに多くの人に売れ、産婦人科医も監修している優れたモノとして人気を博しています。

mitas – ミタスの評判や口コミ:

しっかり検査されているし、自然由来のものを使っているのでとても安心ですね!赤ちゃんのためにいつも夜に飲んでいます。いつも丁寧な対応ありがとうございます!

mitas(ミタス)公式サイトより

周りの友達もmitasを飲んでいたので気になって始めました。粒の形状とサイズが飲みやすいですね!毎日無理なく飲むことができました。「葉酸って妊娠前からしっかり撮っておくことが大事なんだろうなと思いました。Mitasを始めて良かったです」

mitas(ミタス)公式サイトより

mitas – ミタスの安全性・コスパ:

また妊活専門の産婦人科医が監修しているので、非常に安心できます。また、1袋90粒入り(約1ヶ月分)の低下は7,980円(税抜)ですが、お得な定期便ならなんと定価の50%OFFで購入が可能です。

送料は完全無料で、さらに15日間返金保証付きなので、万が一体に合わなくても安心です。実際に試してみることをおすすめします。

●内容量:30日分・90粒
●税抜価格:初回限定 – 定期お得便で3,980円(50%OFF)

おすすめの葉酸サプリ 2位 :「ベルタ葉酸」

次におすすめなのは「ベルタ葉酸」です。特徴についてご紹介します。

ベルタの特徴:

ベルタ葉酸は推奨されている葉酸400μgをしっかり摂取できます。

また、葉酸以外にもビタミン・ミネラル、アミノ酸、美容成分、などを配合しており、葉酸サプリとはいえ、女性の美容にとっても嬉しい成分が配合されています。

ベルタは美容製品を多数開発実績があり、信頼できる会社の一つです。mitasが使ってみて合わなかったという方にはベルタをすすめています。

ベルタの評判・口コミ:

好き嫌いの多い私が赤ちゃんのためにバランス良く栄養を取りいれられました!

ベルタ公式サイトより

赤ちゃんにためにと無理に食べたくてもつわりがひどくて食べられない私にとって、ビタミン・ミネラルが27種類入ったベルタ葉酸サプリは手放せません!もちろん赤ちゃんのためにも産後も飲み続けるつもりです!

ベルタ公式サイトより

ベルタのコスパ:

ベルタの唯一の欠点は値段が高いことです。

実は定期便が6回の継続が前提条件なので、途中で不要になっても解約までに6回の受け取りが必要です。このような複数回の購入縛りは消費者にとっては不親切ですよね。

実際6回購入が前提となると値段は1回で合計2万円以上になります。そのため、気軽にお試しはしにくい製品となっています。

おすすめの葉酸サプリ 3位 :「アロベビー 葉酸サプリ」

次にご紹介するのは「アロベビー 葉酸サプリ」です。特徴は以下の通りです。

アロベビーの特徴:

アロベビー葉酸サプリは厚生労働省推奨の葉酸400ugやその他ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているとのことです。一般的に、妊娠中に必要な栄養素を約50%程度しか摂取できておりません。

アロベビーはそんなママにとって必要な栄養素の補給のサポートをしてくれるようです。粒の形状は飲み込みやすい形状でつわり中の妊婦さんでもするっと飲み込めるみたいですね。

アロベビーの評判・口コミ:

栄養が100%摂れるのが嬉しい

アロベビー公式サイトより

味やニオイがなくて続けやすい

アロベビー公式サイトより

アロベビーの安全性・コスパ:

アロベビーは葉酸サプリだけではなく、ママと赤ちゃんのための商品を取りそろえている有名なメーカーですので、安心感もありますよね。

初回購入価格も定期便なら80%Offのようです。是非、詳細をご確認ください。

おすすめの葉酸サプリ 4位 「VEGEMAMA ベジママ」

次のご紹介は「VEGEMAMA ベジママ」です。特徴についてご紹介します。

ベジママの特徴:

VEGEMAMA ベジママ」は葉酸400μgと妊活成分の「ピニトール」が入っているのが一番の特徴です。ピニトールは女性らしさを整えて、ママのコンディションを整えると言われています。

女性の悩みに一つとして糖のコントロールが引き起こす女性バランスの乱れがあります。ピニトールは糖コントロールとイキイキをお手伝いしてくれるようです。

しかし「VEGEMAMA ベジママ」は「mitas(ミタス)」と「ベルタ」に比べて、妊娠期に必要な栄養素や成分がやや少ないです。妊活時期にはいいのですが、妊娠時期になると少し物足りないかもしれません。

妊活時期の方には妊娠前に不可欠なモノグルタミン酸型の葉酸が含まれているのでおすすめです。

おすすめの葉酸サプリ 5位 :「ママニック葉酸サプリ」

お次は「ママニック葉酸サプリ」です。特徴についてご紹介します。

ママニックの特徴:

ママニック葉酸サプリは1日あたりの摂取推奨量の4粒に吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸400μgが含まれており、厚生労働省の基準をしっかりとクリア。

「ママニック葉酸サプリ」には国産野菜パウダーと美容成分が含まれており、女性の健康と美容をしっかりとサポートしてくれるでしょう。

ただし、肝心の鉄分など妊活・妊娠中に必須の栄養素を含みきれておりません。ママニックを飲むのであれば、併せて他社の鉄分サプリなどと組み合わせて飲むようにしましょう。

葉酸サプリを正しく使っていくために

葉酸サプリを正しく使うために、元葉酸サプリ開発者により説明をさせていただきました。

葉酸サプリを正しく使うことで、幸せな未来が訪れるかもしれません。一方、葉酸サプリだけに頼るのではなく日々の健康的な生活を見直すことも忘れないでください。

迷った方は、ぜひ一番のおすすめであるmitas-ミタス-を一度試してみてください。